自由人 しゅんペ~の 爆釣日記

渓流ルアーフィッシング、ソルトルアー、餌釣りまで、マルチに楽しむ「自由人アングラー」です!

負けず嫌いは腕相撲してはいけないという話


今回は自分語りみたいな話になってしまうんですけど最後まで見ていただけたら嬉しいです!

 

 

 

これは自分が高校一年生の時に起きたある恐ろしい事故の話なのですが

 

 

 

一年も終わろうとしている頃、担任の先生が主催で一学年合同の『腕相撲大会』というオリエンテーションがおこなわれることになりまして、

 

 

各クラスから代表3名でのトーナメント戦というルールで行われ

うちのクラスからは体重100キロのミニ力士みたいな奴と90キロ位の柔道経験者と75キロの自分が選ばれました。

 

その時は腕相撲は得意だったので絶対優勝したる!って思いまして、やる気満タンでした。

 

 

 

 

当日までクラスの皆と練習しながら心まちにしてました。

(ちなみに100キロの奴とは1勝1敗でした。)

 

 

 

 

そして当日…

 

 

 

武道館に一年生全員が集まり生徒達のイスで円を作りまして、その円の中心に机を置いてそこで腕相撲が行われました。

 

 

開会式の後一戦目が行われます。

一戦目から自分の出番でした。

 

 

相手は見た感じ普通の体格の野球部です。

 

机の前にお互いに向かい合います。握手を交わした後、手を組み合います。

 

組み合ってからポジショニング的なのをお互いとろうとして一分くらい張り合ってました(笑)

 

 

そして先生の合図とともに試合開始!

そこで事故はおこりました。

 

 

合図とともにとんでもないパワーで倒されて腕が持ってかれそうになりました。

 

 

ギリギリのところでなんとか踏ん張ったのですが、もう手がつくギリギリのところでした。

 

諦めて力を抜けばよかったものを

 

うちのクラスの奴らが他のクラスの生徒が引くほど応援してたので期待に応えようとしてしまったんですね…… ←アホ

 

巻き返そうと上半身を左にぐいっと傾けた瞬間、

 

『パァーーン!!』

 

 

…という謎の効果音の後自分の右腕はピターンと倒されました。

 

上半身は左に傾いてるのに…

 

なんだ…?

 

自分でも何が起きたのか分からなかったです。

 

祭りのようにうるさかった武道館が一瞬にして静まり返りました。

 

 

一瞬の静寂が1分位の感覚がしました。

 

その後まわりがざわざわとしてきてクラスの奴が『おい、しゅんぺ~大丈夫か!?』っと言ってきました。

 

色々な感情が混ざってたせいか

 

 

 

『……折れちった(笑)』

 

…とゴムゴムの実を食べたかのように腕がぐるんぐるんなってる緊急事態にもかかわらず…

 

 

 

へらへらしてました。(笑)

 

 

しかし頭の処理が間に合わなかったのか

他の人が心配そうに訪ねてきても

 

『折れちった(笑)』

 

『折れちった(笑)』

 

『折れちった(笑)』

 

っと同じセリフしか返せず、その後先生が駆け寄ってきて腕の確認をしたあと

 

 

救急車を呼ぶことになりました。

5分もたたないうちに校庭に救急車が到着、全校生徒の注目のまとになりましたね(笑)

 

 

その後病院では三角巾で首が絞まり失神するなどの2次ハプニングもありつつ、検査の結果…

 

 

『スパイラル骨折』

 

という骨がスパイラル状に割れる骨折という事が判明しまして、全治2ヶ月、腕にプレートを埋め込む重症になってしまいました…

(一年後にプレートを抜く手術で1ヶ月入院)

 

 

さらには骨が再生するまでの一年間は釣り禁止というオマケ付きです…

 

 

 

腕相撲にこんな危険性があったとは…

 

みなさんも腕相撲はほどほどにやるようにしましょう!(笑)

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

あと、その後腕相撲大会は続行したらしいんですが二人とも負けてしまったらしいです…

 

↓手術した腕


f:id:shunpepepe:20190428085839j:image